2016/12/08

【悲報】頼みの綱の「艦これアーケード」が突然さっぱり売れなくなり、全国のセガのアミューズメント施設に暗雲が漂い始める

まずは下のツイートをどうぞ。


ほんの半年前まで行列の出来ていた「艦これアーケード」が、
数日前から全国的に突如ぱったり売れなくなりました。

原因はスクウェア・エニックスが先日稼働スタートさせた
「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~」
これにギャルゲーオタクの客をほぼ全て横取りされ、
近年のセガで唯一のヒットソフトだった「艦これアーケード」が、
途端に誰にも見向きもされなくなった訳です。

私はどちらのゲームにも興味ありませんが、
「艦これ」と「ラブライブ!」は客層がほぼ同じなので、
両方のアーケードゲームが店に並んだら食い合うだろうなぁ・・・と予想はしてました。
実際、セガの直営ロケーションは全国的に大半がスクフェスACの導入を見送りました。
理由は簡単で、設置に掛かる費用が賄えないのと、
自社の「艦これアーケード」と競合するのを恐れた為です。
東京都内ですら、スクフェスACを設置したセガの直営ロケは2軒しかなく、
中国地方に至っては一軒もございません。

これがキャラクター物の商品の怖い所で。
ゲーム本来の面白さで勝負してないから旬が過ぎるとすぐに飽きられたり、
競合他社から似たような商品を出されると、
途端に商品寿命がプツンと切れて、誰からも見向きもされなくなったりする。

近年のセガで唯一のヒット商品であり、頼みの綱だった「艦これアーケード」が
競合商品の登場で突然ぱったり売れなくなり、
これから先、セガの直営ゲームセンターがどういう結末を迎えるのかは私は知りません。
東京・大阪のジョイポリスは経営が立ち行かなくなり遂に香港企業に売却されましたが、
セガ エンタテインメントの管轄する一般のゲームセンター全店に関しても、
前途に暗雲が漂い始めている気がします。

コメント

非公開コメント