2016/11/26

「データカードダス ドリフェス!」新し目の筺体と古めの筺体があるの何で?

バカッター見てると「ドリフェス!の筺体は全部旧アイカツ!の筺体」とか書いてる浅学なオッサン連中が多いから書いときましょうか?(笑)

大きく分けて、ドリフェス!の元筺体は二通りあります。


(1)2014年頃に製造された「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 魂ロワイヤル」の筺体

ずっと店に置きっぱでプリキュアから改造された筺体のほとんどはコレです。製造から2年ほどしか経っておらず、コンバート前の元のソフトもあまり遊ばれていないので、カード詰まりやプレイ中の強制シャットダウンも少ないんじゃないかと思います。外観上も変色や痛みも少なく見えるはずなので、ある程度は目視で判別できるかと。

(2)2012頃に製造された「百獣大戦グレートアニマルカイザー」及び「データカードダス アイカツ!」の筺体

プリキュア置いてない店に突然ポン!と新規に筺体ごと入荷したのはコレの可能性が。外観上も汚れや黄ばみが激しくて、カード詰まり頻発したり、プレイ中に電源落ちまくったりトラブル頻発してるのは多分こっちじゃないですかね?元のゲームの時点でかなりあちこち酷使されてくたびれてるし、一旦バンダイで全部回収して出庫する時にも簡単な動作確認しかしてないんでしょう。何百枚もカード連続購入しても詰まらないとか、そこまで個別にしっかり点検してないと思う。余りに酷かったら、店に頼んでバンダイに回収してもらって徹底的にオーバーホールしてもらうしかないんじゃないかと。

まあ、筺体の下の方にシリアルナンバーの入ったステッカーが貼ってあると思うんで、通の人ならそれ見たら元筺体が何だったか判別可能だと思いますけど。何軒か回れば痛みの少ない筺体(旧アベンジャーズ)は見つかると思うんで、ガチで何百枚もカード買いたいなら状態のいい筺体を探すのが先ですな。ポンコツで大量に買いまくると途中エラー吐きまくって酷い目に遭うと思う・・・。

コメント

非公開コメント