2015/03/31

「オトカドール」遊び方説明(その14)テーラーニャンドラについて

バトル終了後に毎回登場するのが、テーラーニャンドラです
ちなみにテーラーとは英語で「仕立て屋」の事です。

バトルで入手した素材をここに持ち込むと、合成してアクセサリーを作る事ができます。
今はアクセサリーだけですが、画面上部のタグを見ると
武器や服などもおいおい素材から合成できるようになりそうです。

CA3WAHFJ.jpg

ブログ読者の莉桜さんから
「アクセサリーの合成レシピを教えて下さい!」という要望を頂きましたので、
とりあえず私の知っている範囲で掲載しておきます。

マリンブルーティアラ:アクアマリン+夜光貝
ネコミミ:ネコ毛+ネコツメ
ピンクマーチリボン:ピンクコットン+ホワイトコットン
ピンクマーチピアス:ピンクコットン+銀の留め金
ピンクスターバレッタ:スターチャーム+スターチャーム
ピンクスターイヤリング:スターチャーム+銀の留め金
ブルーフォルテミニベレー:ブルーウール+はちぶおんぷ
コアクマイヤリング:ピンクシルク+銀の留め金
マリンブルーイヤリング:アクアマリン+スターチャーム
スライムボンボン:スライムのツブ+マナのかけら
スライムイヤリング:スライムのツブ+アクアマリン

ちなみに、ネコ毛やネコツメはエンビーが、ピンクや黒の反物はアバリータが、
夜光貝はアシディアが時々落とします。

合成の時にレバーの上下で手持ちの素材のレアリティを選ぶ事ができますが、
☆3の素材を使ったからといって、必ず☆3のアクセができる訳でもない様です。
逆に☆2の素材で☆3のアクセができる事も・・・。
その辺は多少ランダムみたいなので、あまり深く考えなくていいんじゃないでしょうか?
2015/03/31

「オトカドール」遊び方説明(その13)属性相性について

「モンスター烈伝 オレカバトル」には、攻撃にこういう4すくみの属性相性があります。

火>水
水>土
土>風
風>火

が表の属性で、

熱>風
雷>土
毒>水
氷>火

が裏属性になります。

CAUB36CR.jpg

オトカドールにも、これに似た属性相性があり、
例えば火属性のファイア!で水属性?のアシディアに100以上の大ダメージを与えたりするので、
武器をいろいろ入れ替えながら、相手の弱点を探っていく感じになります。

武器によって使える攻撃技は、おおよそ以下の通りです。

ラブフレイムタクト:あいの武器 ファイア系 火属性
ぐるぐるキャンディ:サニーの武器 アシド系 毒属性 毎ターン敵に追加ダメージ
ブルーピアノスコア:セイナの武器 アクア系 水属性
コアクマタクト:アバリータの武器 HP回復技のヒーリングや、ダークなどの状態異常技
きらきらスノウブック:アシディアの武器 アイス系 氷属性
マジカルリボンワンド:エンビーの武器 これ一本でファイア系、サンダー系、ウインド系などの多彩な攻撃技

どうしても勝てない相手が出てきたら、キャラクターや武器やコーデを変えてみて、
何か弱点がないか?いろいろ試してみるといいでしょう。
2015/03/30

「オトカドール」CGキャラクターを作成している株式会社フライトユニットについて

オトカドールのCGキャラクターは、東京都杉並区高円寺にある
株式会社フライトユニットというデベロッパーがコナミと共同で作成しています。
一部のキャラクターはデザインまでフライトユニットが手がけているそうです。

下の記事で、社長の松本浩幸さんのインタビューや、
会社設立から現在に至るまでの苦労話なんかがいろいろ読めるので、
興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい。

同人誌は採用の基準になるが,学校の課題は駄目
――3Dモデル制作を専門に請け負うゲーム開発会社フライトユニットの考え方
http://www.4gamer.net/games/150/G015067/20120730059/

フライトユニットは、社員16名の少数精鋭のゲーム用CGキャラクター作成の職人集団です。
これまで手がけた作品は、ガストの「メルルのアトリエ」「ロロナのアトリエ」「トトリのアトリエ」などの
一連のアトリエシリーズを始めとして、セガ社の「シャイニング・フォース イクサ」や、
バンダイナムコゲームスの「ゴッドイーター2」「テイルズ オブ ゼスティリア」など、
大手メーカーのそうそうたる有名タイトルが並んでいます。

下の映像は「アーシャのアトリエ」の戦闘シーンの動画ですが、
これらのCGモデルもフライトユニットが制作しています。



社長の松本さん曰く、アトリエシリーズに関わり始めた頃は
赤字まみれになりながらガストから仕事を受けていて(苦笑)、
そこで作った高品質なCGモデルが業界内で評判になり、
他の大手メーカーからもコンスタントに仕事を受注できる様になったそうです。
社長さんは、お金がない時は会社の事務所でタライにお湯をはって風呂代わりにしてたそうで・・・。
(ドリフのコントじゃないですよ!・笑)
そういう苦労話を聞かされると本当に頭が下がります。
お疲れ様です。

オトカドールでは、コナミからの

「淡い水彩画調の、可愛い女の子のCGモデルを」

というオーダーに見事に答えています。


2015/03/30

「オトカドール」遊び方説明(その12)アイテムの所持数が200個を超えると!?

「ニャンドラのカギ」に記録されている所持アイテム数が200個を超えると、
ご覧の通り、いらないアイテムを選んで整理する選択削除画面が表示されます

CAFB3585.jpg

とりあえず、名前の後に星印がついてないレアリティの低いものからまとめて捨てていくといいと思います。
しかし、200個埋まるということは、私もかれこれ70回くらいはオトカドールで遊んでる計算になりますね(笑)
地元に入ってきてからまだ2週間足らずなんですけど、結構やったなぁ~。

おかげさまで、Googleで「オトカドール」と入力して検索すると、
うちのブログが上から3~4番目に表示されるという凄まじい事になってますが(爆)
「モンスター烈伝 オレカバトル」は私より詳しいブロガーさんがゴロゴロいましたけど、
オトカはまだ私くらいしかやり込んでる人いなくて、最近うちのブログにアクセス殺到してます。

他のゲームがクソつまらんから(爆)、自然とこればっかりやってるだけの話なんですけど・・・。
ありがたい事です。
2015/03/29

「オトカドール」ドラコレ筺体が4月からニャンドラ仕様にメイクアップ開始♪

ドラゴンコレクションから改造された、無機質なシルバーのキューブ状の筺体のオトカドールについてですが、
知人のゲーセン店長さんから凄い情報をもらったのでお教えします(笑)

来月を目処に、筐体全面に貼り込んでドラコレを完全体ニャンドラ仕様にする為の
大判のステッカーなどを現在、コナミさんが準備中との事です。
本来は稼働スタートと同時に改造キットと一緒にお店に配りたかったみたいなんですけど、
メーカー都合でちょっと手配が遅れているみたいですね。
(今は一時しのぎでピンクのシールをおでこに貼って、ドラコレロゴを隠す様になっています・笑)

CAACP86B.jpg

目のパーツ(ボタン)だけ黄色に変えて、後はドラコレロゴ丸出しのまま稼働させてる店も多いので、
内心、「おいおい、それでいいのか?(爆)」とか思ってましたが、
ドラコレ筐体の方も、4月以降にお店に発送されるステッカー等でニャンドラ顔に変身するそうで、
とりあえず安心しました。
2015/03/28

「オトカドール」遊び方説明(その11)リズムゲームの判定について

オトカドールのリズムゲームの判定についてです。

上から流れてくる「スライムくん」をどれだけ正確に押せたかによって、4段階の評価になります。
基本的に、音ゲー部分はコナミのBEMANIシリーズに準じた本格的な評価システムになっています。

CAA9NELX.jpg

いちばんカンペキに押せたらSweet!(スウィート!)で、次がGreat!(グレート!)、
とりあえず少々ずれてても押せてたらGood!(グッド!)、ボタン押すの忘れたらMiss(ミス)になります。

また、リズムゲームは毎ターンごとに総合評価があり、
あらかたSweet!で拾えてたらPerfect!(パーフェクト!)、
少々ずれてても露骨なミスがなければFull Combo!(フルコンボ!)という評価になるみたいです。

たぶんPerfect!がいちばん魔力ゲージが多く貯まると思いますので、
これを狙ってがんばってプレイして行きましょう♪

ちなみに、画面の上から下に向かって複数のラインでノーツ(リズムマーク)が流れてくる
一連のこのゲームシステムはコナミが大昔に特許を取得しており、他社は一切真似する事ができません。
アイカツ!で画面横から弧を描く様にリズムマークが流れてきたり、
プリパラでサークルから中心に向かってリズムマークが流れていくという、
極めて不自然な形になったのは、どれもコナミの持っている特許に抵触しない様に作った結果です。

この種の音ゲーはもともとコナミが元祖なので、それは覚えておいて下さい。
縦置きモニターだと、上から下にリズムマークが流れるコナミ方式が最も見やすく、遊びやすいと思います
今までコナミの「beatmania IIDX」や「ポップンミュージック」などで遊んでいた
お兄さん・お姉さん達からすれば尚更でしょう。
2015/03/28

「オトカドール」遊び方説明(その10)ニャンドラ筐体とドラコレ筺体の違いについて

オトカドールには新品のニャンドラ(白猫)筐体と、ドラゴンコレクションから改造された、
シルバーでキューブ状の小型筺体の2種類が存在します。
この2種類はどこが違うのか?

CABTW8KX.jpg

<ニャンドラ筐体>
・ホロのロール紙内蔵で、キラカードが印刷できる
・毎プレイ、スターキラパウダー獲得までのスタンプの数が表示される
・スピーカーがウーファー搭載で迫力の重低音!!
・サウンドボリューム調整ボタンを実装(但し、音量固定の設定になっている店もあります)

CAKHN3ED.jpg

・カメラの性能が良く、カードのスキャンが滑らか
・大画面でグラフィックがフルHD画質

<ドラコレ筐体>
・もともと男の子達がオレカとドラコレで使い込んでいたので、ボタンやスキャナーがかなりくたびれている
(時々ボタンが効かなくなったり、カード読み込まなくなったり・・・)
・スタンプの数が非表示なので、今何個あるか確認できない
・ニャンドラより解像度が若干落ちてて、画像が荒い
・スピーカーが筐体背面についていて、音がイマイチ
・設置店がかなり多いので、ニャンドラに大勢並んでいる時の緊急避難用には有効
・比較的目立たない場所に置かれている事が多く、人目を忍んで遊びたい大人の方にお勧め(笑)

こんな感じですかね?
「ドラコレいい所ほとんどないじゃん!!」って感じですが(苦笑)、
まだまだニャンドラの数が少ないので、混雑時の貴重なサポート要員として私も活用してます

あと、コナミさんにお願いしておきたい事がありますが、もし今後筺体を増産する場合は、
ボリューム調整ボタンの近くにヘッドフォン端子を新たに追加して下さい。
ボリュームコントロールはタカラトミーアーツのプリパラ筐体を見て慌てて付けてくれた感じですが、
私はヘッドフォン端子をぜひ付けて頂きたかった・・・。

独立したゲームセンターはともかく、ショッピングセンター内の玩具売り場とかゲームコーナーは、
他のテナントの迷惑になるので音量を制限されているケースが多いです。
そういう場所に公式サイトから「サウンドボリュームアップのお願い」とかしても通る訳ないので(笑)、
周囲の雑音をカットする為にも、ぜひヘッドフォン端子の増設をお願いします。
(将来出るであろう「モンスター烈伝 オレカバトルⅡ」にもヘッドフォン端子は最初から必ず付けて下さい)
2015/03/27

「オトカドール」の設置店が激増!!もう遊べないとは言わせません(笑)

全国のタイトー直営ロケーションや、らんらんらんど、モーリーファンタジー等に大量導入されました。
沖縄でも遊べる様になったし、北海道でもキラカード印刷できるようになったし、
もう「遊べない」とは言わせません(笑)

特別なゲェ~ム~を~あなたにあ~げるぅ~♪
あったかいんだからぁ♪

あとはオレカ同様にイトーヨーカドーとヤマダ電機とエディオンと
ジョーシンと古本市場とドン・キホーテにもリースで入れば完璧でしょう
今まで散々コナミキッズキャラバンを開催して来たヨーカドーをまさか見捨てないですよね?(笑)

あそべるお店 オトカドール
http://www.konami.jp/am/otoca/shop/index.html

しかし、前作のオレカサッカーとオレカ野球の未曾有のコケっぷりを知る者としては、
よくここまで筐体買ってもらえたな・・・と感心しきりですよ私は。
(なんか大量に売れ残って倉庫に保管されてた野球とサッカーの筐体も、
全部バラして工場でニャンドラに改装されて販売されてる気がする・・・笑)
それに、コナミは今まで他のメーカーの直営設置店はリストに掲載しない事が多かったんですけど、
今回はタイトーさんの直営店もしっかり一覧に掲載されてます。

・・・大人になったな、コナミ(笑)

オレカ同様にもう一度大ヒットさせようと全社を挙げて取り組んでいるのも、しっかり伝わりましたよ!

ついでにサニーちゃんのテーマ曲も公開♪



私としては魔法使いの弟子アシディアのテーマを熱烈リクエストしておきたいと思います
ぜひYouTubeで公開お願いします、コナミさん!!
2015/03/27

「プリパラ」3DSソフト初週21261本で大コケ、大反省会場

コンシューマソフト週間販売ランキングTop20
http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20150325088/
集計期間:2015年3月16日~3月22日(メディアクリエイト調べ)

無題245676

う~ん、いまいち売れなかったですね・・・。
前作の「きらきらマイデザイン」(初週1.5万本)よりは、ちょい増えましたけどね・・・(苦笑)
ちなみに、一作目の「マイデコレインボーウェディング」は初週3.3万本でした。
(ま、一作目は大量に売れ残り、量販店やアマゾンで980円とかで投売りされましたが・・・)

ちょっと前に出たプレスリリースの、
ユーザー登録数100万人突破!とは何だったのか・・・。
ホントにアクティブユーザーが100万人いたら、ゲームソフトも10~20万は売れるでしょ?
単に同じ人がサブキャラ何体か作ってるだけの空虚な実態がばれてしまったと思う。

なぜ売れなかったのか分析してみると、

・プリパス不具合騒動でメーカーに対する不信感
・ソフトの内容はほぼプリティーリズムで前作・前々作の焼き直し
・年末年始など、子供が臨時収入を得るシーズンではないので売れなかった

こんな所ですかね。
それにしたって、内容糞なのに10万20万売ってる、
バンダイナムコの「アイカツ!」の3DSソフト(特に1~2作目)は個人的に納得行きませんが・・・。
どうしたらプリパラのソフトもあれくらい売れる様に出来るのか、もうちょっと考え直さないとダメですね。

次のソフトを出すなら恐らく全部作り直しでしょうけど、
3DSのカメラで手持ちのプリチケのQRコード読み込んで、
同じコーデで遊べる様にしてくれたら是非買いたいですけどね。

私もこのソフト買うつもりでしたが、結局買いませんでした。
理由は、このソフトの発売日とオトカドールの岡山入荷日が重なってしまい、
購入資金が全額、ニャンドラに吸われてしまった為。
(それくらい、オトカドールの方が面白かったという事ですが・・・)

日本コロムビアの「ほっぺちゃん」や「すみっコぐらし」の3DSソフトみたいに、
じわ売れする可能性もなくはないですが・・・前作はそうならなかったし、望み薄ですかね・・・。
2015/03/26

「オトカドール」遊び方説明(その9)色違いのコーデについて

まずは、こちらの写真をご覧下さい。

無題-スキャンされた画像-01

あいちゃんの服は普通はピンクのはずですが、このカードはオレンジ色の服を着ています。
これは一体どういう事なのか?

バトル後にもらえるアイテムで、たまに普通のと色違いのコーデが出る事があります。
着せてパラメータを確認してみると、ほとんどが普通の色のコーデより強いです

ちなみに、あいちゃんのこの「オレンジマーチコーデ」は、
通常のピンクマーチコーデより魔力が6、すばやさが5も高く、
「チャージ」「かたいかも」のスキルが追加で発動しています。

色違いのコーデは普通のより若干出にくいみたいですが、
運良く入手できたら使ってみると良いと思います。
(色違いコーデなしでも、一応、隠しボスは倒せますが・・・)

それから、アイテム名の後の星印は、レア度を表しています。
星3つ星2つ>星なし
の順に強いので、参考にして下さい。
2015/03/25

「オトカドール」遊び方説明(その8)コーデの入手と着せ替え画面について

バトルが終了すると、対戦相手からプレゼント箱が1~3個届きます。
中を開けると、武器・トップス・ボトムス・シューズ・アクセサリー用の合成素材のいずれかが出て来ます。
100円で最大3アイテムもらえるので、
運がよければ一回遊んだだけでフルコーデ揃う事もあります(爆)
コーデを一式揃えるのにかかる費用が「アイカツ!」や「プリパラ」と比べて一番安いので、
そこが私がオトカドールを子供達に勧める最大の理由でもあります。

「うちは親がゲーム嫌いで協力してくれないので、わたしは月に500円しか遊べません」

みたいな相談を子供たちからよく受けますが、
「オトカドール」は500円しか遊べなくても最大15アイテム入手できる計算になるので、
他のゲームより断然おトクです

オトカドールでは、基本的に出てきた洋服はカードになりません。
わかりやすく言うと、入手した洋服は全部ゲーム機が覚えてくれていて、
次に遊ぶ時に「ニャンドラのカギ」を使えば、何度でも引き出すことができます。
集めた洋服や素材の入った、引き出しの鍵が「ニャンドラのカギ」だと思ってもらえればいいです。
なので、オトカドールではカードがパンパンに入った分厚いファイルを何冊も持ち歩く必要もありません。
「ニャンドラのカギ」一枚で、50~200着くらいの洋服をいつでもお店のゲーム機から引き出せます。
逆に言うと、「ニャンドラのカギ」を作らないと、集めた洋服がクローゼットに保管されないので、
最初に必ず作る様にして下さい。

「ニャンドラのカギ」は、ざっくり言うとカードファイルを兼ねたICカードみたいなものです。

コーデの着せ替え画面の説明です。

「スキルON」を選ぶと、スキルの発動具合が画面に表示されます。
星ゲージが1つ黄色で埋まれば、そのスキルが発動しますよ、という意味です。

CA8TOA8P.jpg CADBKTQ0.jpg

上の写真だと、攻撃魔法の「アクア」がレベル3まで使えるようになります。
さらに「氷に強い」スキルレベル1が発動しているので、
「魔法使いの弟子アシディア」の魔法から受けるダメージが若干小さくなります。

「もえる」「つめたい」「かたい」「かいふく」「魔法に強い」の5つはいずれも星が1つ未満なので、
この状態だとスキルは一切発動しません。

オトカドールでは、持っている武器やコーデを着せ替える事で使える魔法が変わります。
最初に「スキルON」にして、いろいろなアイテムを付け替えながら、
必要なスキルが発動する様にコーデを付け替えていく感じになります。

着せ替えが全て終わったら、「コーデOK」を選んでボタンを押すと、
カードの印刷画面に移ります。
2015/03/24

「オトカドール」遊び方説明(その7)バトル部分の画面の見方について

バトル部分の画面の見方について説明します。

両脇の長いゲージ・・・左が自分、右が敵のドールの攻撃ゲージです。
リズムゲームでうまく操作すると徐々に貯まっていき、
印がついている所まで貯めると攻撃技や魔法が使用可能になります。
ドールの魔力(カード左上の紫の★印)が高いと、このゲージの貯まりも大きくなる様です。
ちなみに、敵から先制攻撃を受けると、このゲージは下がってしまい、
場合によっては技が出なくなる事もあります。

技は「ファイア」→「ファイア!」「ファイア!!」のなどの順に、
末尾にビックリマークがたくさん付くほど威力がアップします。
この辺はオレカバトルと同じ。
魔法の名前もオレカバトルと共通なので、「オレカバトル オレカンペキBOOK」などの攻略本をお持ちの方は、
それを見れば効果が把握しやすいです。

CAA9NELX.jpg

画面上部、ピンクの体力ゲージの下の星印について。
これはオレカバトルでいう所の「EXゲージ」と全く同じ物です。
敵から攻撃を受ける度に1つずつ増えていき、8つ貯まると「姫モード」が発動してドールが変身、
魔力・攻撃力・素早さが大幅アップします。
いわゆる一発逆転のチャンスです。

逆に敵もこちらの攻撃を受けるとEXゲージが溜まっていくので、
敵が先に姫モードに入りそうなら、しばらく攻撃しないのも一つの手です。
特に「魔法使いの弟子アシディア」は自分のEXゲージを追加で貯める特殊技
「ヒメ+2」を時々使って来るので、要注意です。

CA381W1S.jpg

姫モードの上手い使い方として、わざと敵を攻撃せずに相手にだけ攻撃させてヒーリング!で回復しまくり、
先に自分の姫モードを発動させて大技を決めれば、一撃で相手が倒せたりもします(ダメージ300超とか)。
そこら辺はいろいろな戦い方を試してみると面白いと思います。
2015/03/23

「オトカドール」遊び方説明(その6)リズムゲームについて

オトカドールのリズムゲーム部分について解説します。

リズムマークは両端を流れてくる黄色のスライムが「スライム君」、
真ん中をたま~に流れてくる赤っぽいのが「ピンクのスライム君」です。
ピンクのスライム君は、レバーを上下左右斜めどこでもいいので入れれば消えます。
(オレカバトラーの私には、黄色いのが「スライム・アース」、
赤いのが「スライム・フレア」と言ってくれた方がピンと来ますが)

下の写真の、左のスティック状に伸びているスライム君はボタン長押し。
オトカドールの長押しは端まで行くと自動的に切れるので、
それまでボタンをずっと離さずに押し込んでおきます。
「DCDアイカツ!」とは要領が違うので、慣れるまで要練習です。

CAP9NYUU.jpg CAG9VU64.jpg

たくさん盛った状態で降りてくるスライム君は、消えるまでひたすら連打。

ごくまれに降りてくる、目を回したピンクのスライム君はレバーを2回転ほど回すと消えます。
スーパーストⅡXで、ザンギエフのスーパーコンボ出すつもりで回して下さい(笑)

長押しが連続する場面などでは、
ボタンを押し込んだ右手を離す前に反対側のラインに次のマーカーが流れてきて、
それを左手で押す必要があるので、両手を同時並行でバラバラに動かす必要がありますが、
そこはもう練習を積むしかないと思います。
ピアノが弾ける人や、今まで「ポップンミュージック」などの音ゲーをやり込んでる人は有利かも知れません。
2015/03/22

「オトカドール」ホンキのエンビーとアバリータを撃破!!

ホンキのエンビーとアバリータも何とか倒して来ました!!
これで今のバージョンの敵は全部倒したかな・・・?

CAOBAJSR.jpg CAGG55J2.jpg

あとは色違いコーデでも集めながら、来月の解禁までのんびり遊びたいと思います。
(オレカバトルと同じなら、このゲームもバージョンアップは月1回ペースになります)
とにかくコナミの音ゲーだけあって曲がいいから、何回やっても飽きないんだよね~
2015/03/22

「オトカドール」遊び方説明(その5)最初に選ぶ3体のドールについて

オトカドールは、自分の分身となるドールを操って、ファンタジーの世界でバトルしたり、
オシャレなコーデを集めたりしながら冒険するゲームです。
(今のところ、オレカバトルと違って魔王討伐みたいな明確なストーリーはないみたいです)

最初に選べるドールは3体あります。
特徴は次の通り。

「サニー」・・・すばやさが高く、バトルでとにかく先制攻撃が得意なタイプ。
 反面、魔力と体力は低めで、打たれ弱いです。

「セイナ」・・・見た目に反して、体力が高い防御重視タイプ。
 すばやさは低いので、敵に先に攻撃される事が多いかも・・・。
 それと魔力が高いので、攻撃時に高レベル技を出しやすいです。

「あい」・・・サニーとセイナの中間。
 体力も魔力もすばやさもそれなりでオールラウンドに戦えますが、
 一芸に秀でた敵には苦戦の予感・・・。

基本的に、最初は見た目で好きなキャラを選んで使えばOKです。
とりあえずサニーで遊んでみて、途中、どうしても打たれ弱くて勝てない敵が出てきたら、
セイナと入れ替えてみると勝てるかも知れません。
そんな感じで、相手に応じて3体のドールを臨機応変に入れ替えながらバトルしましょう♪

オトカドール

ちなみに、私の場合は、「サニー」→「セイナ」→「あい」の順にドールを作成しました。
今は3人ともレベル10になってます
2015/03/21

「オトカドール」魔法使いの弟子・ホンキのアシディアを撃破!!

隠しボス(?)の「ホンキのアシディア」を撃破した所、「夜光貝」というレアアイテムをドロップ。
合成したらゴージャスなティアラができました

CATN79K4.jpg CAUYI67Y.jpg

記念にスターキラパウダーを使ってホロキラカード化。
(ブログ右上のプロフィールの所に置いてある画像がそれです)

ところで、現在のオトカの持ち歩き方ですが、公式のファイルがまだないので、
昨年のコナミキッズキャラバンで購入した、陰龍インシェンロンのオレカファイルに入れて持ち歩いてます(笑)
公式のオトカファイルがぜひ欲しいので、コナミさん、
ぜひ今夏開催の次世代WHF&コナミキッズキャラバンまでに作って持って来て下さい!!

あと、オトカドールのサントラCDもぜひよろしく!!
「魔法使いの弟子アシディア」のテーマがめっちゃいい曲なんで、家で何度も聴きたいです

CAVFJLC7.jpg
2015/03/21

「オトカドール」遊び方説明(その4)カードが読み込みにくい場合の対処

シルバーのキューブ状のドラゴンコレクション中古筺体をコンバートして使っているオトカドールについて、
カードの読み込みが時々悪くなる場合があります。
(地元の店3軒くらいで試しましたが、どこの店でもたまにそういう症状が出ます

CAGGTRHF.jpg

基本的に、カードは奥まで差し込んでから5秒くらいは動かさずにじっと待ってみて下さい。
ドラコレ筺体のカメラは、QRコードを認識するのに結構時間がかかります。
また、筐体によってカメラに癖があるので、差し込む時に右や左にカードを寄せてみて、
その筺体がQRコードを読み込みやすい位置を探ってみて下さい。
同じくカードの裁断位置が左右にズレている場合も、差し込み時の微調整が必要です。

ちなみに、スキャンできないまま時間切れになってもタイトル画面に戻るだけで、
オレカバトルの様にレンタルモンスター3体で強制スタートにはなりません。
そこの所は改善されているので、心配せずに何度でもリトライしてみましょう。
(どうしてもダメなら、後ろに並んでいるお客さんに断ってから、店員を呼ぶ)

なお、新品のニャンドラ筺体の場合はスキャナーの不具合はほとんどありません。
カードの差し込み口も反りが出ない様にきつめになっていて、
QRコードを読み込むカメラも、ドラコレ筐体よりいい物を使っているみたいです。

CA163S7Z.jpg

通える範囲にニャンドラ筐体を置いている店があるなら、多少遠くてもそちらに行くべきでしょう。
(キラカードもプリントできるしね
2015/03/21

「オトカドール」遊び方説明(その3)2人目、3人目のキャラクターの作成について

100円入れてゲームをスタートし、ドールのカードをスキャン→ニャンドラのカギをスキャンと進み、
「今日の運勢」が表示されている画面で、ジョイスティックを左に倒すと
「あたらしいドールと遊ぶ」という項目が出てきます。

CAWH6SFE.jpg

この項目を選ぶと、最初に選んだキャラクター以外のキャラクターを追加で作れたり、
同じキャラクターでも別の名前で作り直したりする事ができます。
(オレカバトルで言う所の「厳選」みたいな事もできる様になっている訳です)

キャラクターのレベルは基本的に10までしか上がらない(オレカ時代からの伝統)ので、
最初に選んだキャラクターがレベル10に達したら、
残りの2人を追加で選んで育成してみるといいと思います。
(いろいろなキャラクターのオトカが手元にあった方が楽しいので)

なお、新しいキャラクターを作成しても、それまで使っていた「ニャンドラのカギ」を使用すれば、
今まで集めたコーデや素材は新キャラクターでも共用する事ができます。

追加でキャラクターを作成する時は、くれぐれも
「今日の運勢の画面でレバーを左に入れる」というのを覚えておいて下さい。
間違ってニャンドラのカギまで全部作り直してしまわない様に注意しましょう。

ちなみに、プレイアブルキャラが最初の3体だけでは全然物足りないので、
アバリータやアシディアなどの敵キャラも、今後どんどんプレイアブルキャラとして追加して欲しい・・・
と、ここでコナミさんにお願いしておきます(笑)
私はアバリータのつんつん攻撃が大好きなので(爆)、
あれを是非、自分のキャラクターとして使ってみたいです
2015/03/20

「オトカドール」遊び方説明(その2)ホロキラカードの印刷について

遂に純正新品のニャンドラ筐体とご対面♪

CAZN2MHO.jpg

このマシンでは、四角いシルバーのドラゴンコレクション改造筺体ではできない、
ホロキラカードの印刷が可能です
中に通常の無地のロール紙とは別に、もう一本、ホロキラのロール紙がセットされているからです。

オレカバトルで遊んでいる男の子の兄弟がいる家庭では、

「姉ちゃん(妹)のやつだけキラキラカードがプリントできてずるい!!オレカはできないのにっ!!

と嫉妬される事、請け合いです(爆)

それでは、ホロキラカード印刷までのプロセスをご紹介しましょう。
オトカドールで「ニャンドラのカギ」を使って1回遊ぶ毎に、肉球スタンプが1コずつ貯まっていき、
スタンプが10コ集まると、引き換えで「スターキラパウダー」というアイテムが1つもらえます。
星型の蓋がついている小瓶がそれです。
右下の「3」という数字は、現在持っているスターキラパウダーの総数です。

CAXO2A3M.jpg CANC7B9Z.jpg

カードを印刷する画面でスターキラパウダーを選択し、キラキラにしたいカードにふりかけると・・・。
この様に、七色のキラカード(下の「さちのか」の写真)になってプリントされて出てきます
コナミのプリント式キッズカードゲームは、長年キラカードが出せないのが弱点だった訳ですが、
それがこの「オトカドール」で遂に克服された訳です

CAWMU1T5.jpg CAUCD8EE.jpg

また、隣の王冠の蓋のついた小瓶は「ゴールドキラパウダー」という物です。
こちらは、カードの印刷直前に追加で100円入れると、いつでも使用する事ができます。
上の「まりひめ」のカードが、ゴールドキラパウダーを使用して印刷した物です。

「プリパラ」みたいな、安っぽいなんちゃってキラキラカードではなく、
質感としては「アイカツ!」のプレミアムレアカードと同等の、メタリック調のホロキラカードが出てきます。
しかも、いつでも自分が出したい時に好きなキラパウダーを使ってプリントできる上、
自分の名前入りの世界に一枚だけのカードとして出てくるので、喜びもひとしおです
もちろん、他のゲームでありがちな配列表やハイエナ、無意味な連コインとも無縁です(苦笑)

のんびり10回遊んでスタンプを集めて「スターキラパウダー」を入手するもよし、
時間がない時は100円追加投入して「ゴールドキラパウダー」を購入するもよし。
自分の好きなやり方で、ホロキラカードを印刷して楽しんでみて下さい。

最後にもう一度だけ言いますが、キラカードのプリントができるのは白猫のニャンドラ筐体のみです。
ドラゴンコレクションから改造された、四角いシルバーの筐体ではできませんので、ご注意下さい。
(ただし、ドラコレ筐体で遊んでもスタンプだけはしっかり貯まりますので、ご安心下さい)
2015/03/19

「オトカドール」入荷店舗情報(その5)

ザ・サードプラネットは明日までに埼玉~鹿児島の全店舗で「オトカドール」稼働スタートします!
http://www.3rdplanet.jp/index.cgi?__mode=ttp_game_detail&blog_id=1&game_id=385


















2015/03/19

「オトカドール」遊び方説明(その1)ニャンドラの鍵について

山ほど書きたい事がありますが、今日から毎日、
少しずつ時間をかけて「オトカドール」の遊び方を説明して行きます。
遊び方を覚えると、「アイカツ!」「プリパラ」よりも遥かに楽しい世界が待っているので(笑)、
がんばって覚えて行きましょう♪

第一回の今回ですが、ゲームを初めて最初にやるべき事。
「ニャンドラのカギ」の購入について書きたいと思います。

無題-スキャンされた画像-01

上が「ニャンドラのカギ」と呼ばれるカードです。
ICカードではなく、紙のペラペラのカードです。
「モンスター烈伝 オレカバトル」を遊んでいる方にはお馴染みの「記録の鍵」と全く同じ物です。

「ICカードじゃないのに、どうやってセーブデータを記録できるの?」

と思われた方もいるかも知れませんが、QRコードに自分のデータが記録されている
サーバーの番地が記録されていて、この紙のカードを読み込むと、
筺体が無線でコナミのサーバーと連絡を取り、
自分の集めたアイテムのデータを毎回、引き出して来てくれます。

ICカードではなく、紙のカードですので、お値段は1枚100円です。
サーバーにデータを記録しているので、「プリパラ」のプリチケと違って、
これ1枚で獲得した数百アイテムの情報が記録できます。
通信にはe-amusementのインフラやノウハウを使用していますが、
ほかのコナミのアーケードゲームと違い、e-amusement passは必要ありません。

また、「ニャンドラのカギ」は紛失対策として、
1枚100円で何枚でもコピー鍵を作成する事ができます。
要するに大切なセーブデータのバックアップという事です。
ごく最初は一枚だけでいいと思いますが、ある程度やりこんで紛失が心配になってきたら、
コピー鍵を何枚か作って自宅保管しておく事をお勧めします。

集めたコーデや素材の記録に必要不可欠なものなので、最初に絶対作っておきましょう♪
2015/03/19

「オトカドール」歴代女児ゲーでダントツ1位の面白さ、課題はあらゆる面の説明不足

ようやく地元の店に入荷したので遊んできました!!

CAAFBF6W.jpg

すいません、「アイカツ!」「プリパラ」と比べて、比較にならないくらいダントツに面白いです♪
「モンスター烈伝 オレカバトル」に入っていた面白さの要素全てを、
一切省略せず全て女の子向けにきっちり落とし込んであって脱帽しました。
モンスターの合体とか、ややこしいからオトカでは削られるかと心配してましたが・・・。
ドレス、アクセサリーを素材を集めて合成するという形でオトカドールにも継承されています。

ここ1~2年の間に、オレカバトルのゲーム機の前に男の子達が4~5人集まって、
隠しアイテムの出し方や合体レシピを教え合って盛り上がっている様子を見ていて、
「女の子のゲームが、そこまで深く語り合ったり、やり込める内容になるのに、あと何年かかるんだろう・・・。」
みたいな事をうすぼんやりと思ったりしてましたが、
オトカドールは男の子が熱中している最先端のゲームと同じくらいの面白さです。
作り手が妥協一切なしで面白さを追求して作ったのでそうなりましたが、それ故に

「何の手引きもなしでゲーム経験の浅い女の子達が遊ぶには、全てが複雑すぎて分かりにくい」
「面白さが100%理解できる所まで到達する為の敷居がやたら高い」

という事です。
(しかし、そこを削ってはダメなんです。安易にそれをするとオレカチームのゲームではなくなります。)

公式サイトの「あそびかた」説明はいかにも手抜きで不親切、
それこそコピー鍵の作り方だとか、データはサーバーに記録されていて
「ニャンドラのカギ」は只の紙切れでしかないんですよ、といった部分の説明から始まって、
リズムゲームの真ん中のスライム・フレアはレバーを手前に倒す、
ぐるぐる目のスライム・フレアはレバーを回す、みたいな事まで
微に入り細に入り懇切丁寧に説明しないとダメです。

私なんかは「オレカバトル」「ドラゴンコレクション」「アルティメットストライカー」「ドリームスタジアム」と
ずっとコナミのキッズカードゲームで遊んできて、コナミ作品で遊ぶ時のお約束や仕組みみたいなものが
自然と全部頭に入っていますが、今「アイカツ!」「プリパラ」で遊んでいる女の子たちを
自陣に引き込みたいなら、全てをもっと丁寧にケアしないとダメです。
「オトカドール」は、よそから流れてきた一見客には、あまりにも分かりにくすぎるゲームです。

今日、お店で遊んでいて仲良くなったママさんにも言われたんですけど、

「これだけ複雑で他と遊び方が違うと、とにかく急いで攻略本とかファンブックを出して欲しい!!」

と。
そこの所は私も同感です(苦笑)
今のままだと、すんなり入っていけるのは、家族にお兄ちゃん・弟なんかがいて、
過去にオレカバトルで遊んだ経験のある女の子やお母さん方くらいのものではないでしょうか?

とにかく公式サイトの遊び方説明を徹底的に細かく作り直す、
できればコナミが自前で遊び方を詳しく説明した冊子を作って、全国の設置店で無料配布する、
あと、小学館さんと相談して、アイカツ!やプリパラみたいに付録で新聞を作ってもらったり、
できるだけ早く攻略本(オレカンペキBOOK的なもの)を出せる体制を整える、
という部分を急いでやって欲しいと思います。

オレカバトルも、今でこそ書店に行けば攻略本が並んでいて、
アニメでもデータ君が毎週遊び方のコツを解説してくれて、
コロコロにも毎月新ドラゴンの合体レシピが詳細に掲載される様になりましたが、
稼動初期はマジで「最初に何やったらいいかサッパリわからないゲーム」でしたからね(苦笑)

もう一度言いますが、肝心のゲーム部分の面白さはダントツです。
その辺は人気キャラクターに甘えてクソゲーを連発してきたバンダイやタカラトミーと、
生粋のゲームメーカー(特に音楽ゲームに関しては業界No.1)のコナミとの実力差だと思います。
特にこの「オトカドール」は、コナミの社内でも一昨年に「モンスター烈伝 オレカバトル」を大ヒットさせた、
御子柴英利さんの率いるエース級のチームが全力で作っています。

他のゲームでしばしば散見される、

「女の子がやるゲームだから、ややこしい事抜きでこんなもんでいいだろ」

的な妥協が一切ありません。

それだけに、面白さは申し分のないものですが、その面白さが伝わる所まで
全ての女の子を誘導出来るだけの下地ができていないのが非常に心配です。
他と比べて、やれる事が多くて楽しい反面、内容も複雑でとっつきにくい・・・という危惧はあります。

「面白いゲーム=売れるゲーム」という訳ではないのが、この業界の難しい所。

オレカバトルの時は、周りにプリンターを使ったキッズカードゲームも一台も無かったし、
他にブレイクしているホビーもなく、たまたま運良く、
男子小学生の間で口コミで面白さが伝わってヒットしました。

しかし、今はタカラトミーの「プリパラ」というプリント式のキッズカードゲーム機が
競合機種として存在しています。
もちろん、コナミの「オトカドール」にはキラカードを印刷できるという大きなアドバンテージがありますが、
そこをどうやってもっと広く認知させて行くか?とか、
プロモーションでやらなければならない事が山ほどあると思います。

モノは非常にいいです、そこは私も太鼓判を押します。
恐らくセガ社の「オシャレ魔女 ラブandベリー」から数えても、一番いいものが出来た様な印象を受けます。
ただ、この面白さをうまく子供たちに伝えて、ヒットに繋げるまでの環境づくりが絶対的にできていません。
サイトの遊び方説明の拡充、月曜6時のアニメ枠の活用、小学館と連携してのマンガ連載や攻略本の発売、
コナミキッズキャラバンなどのイベント運営など、これからやらなければならない事が山ほどあります。

オレカバトル以降に出したコナミのキッズカードゲームがことごとく失敗に終わっているだけに、
なんとしてもこの「オトカドール」は成功させて欲しいと願うばかりです。
その中心に据えるゲームソフトは最高の物ができましたが、
それも生かすも殺すも今後のプロモーション次第、という気の抜けない局面に入って来ている印象です。
2015/03/18

「オトカドール」入荷店舗情報(その4)

ほとんど関西ばっかりですがどうぞ(笑)










2015/03/17

任天堂株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーの業務・資本提携合意のお知らせ

凄い事になりましたね!!
これには私もビックリしましたよ・・・。



基本的にゲーム専用機のタイトルをそのままスマホには出さないらしいので、
そこんとこは一安心でしょうか?
2015/03/17

「プリパラ」一人だけ160万点超えのナニコレ珍百景♪

泰造さんも一発でボタン押してくれそうなレベルの珍百景(笑)

無題09892011238

・・・何かのバグなんでしょうけど、凄いねこれ
素でこんな点数出されたら、さすがの私もどーしよーもないですわ(笑)

ではでは、おなじみのBGMをどうぞ♪

2015/03/17

「オトカドール」入荷店舗情報(その3)

週末までに設置店舗が一気に拡大しそうです。
ちなみに、香川県のマックスプラザ善通寺は私の知人が経営しているお店なので、
地元の方はぜひ行ってあげて下さい(爆)

P.S.ゴン太さんへ
広島県のふぇすたらんど五日市店に「オトカドール」の筐体が既に入荷しています。
これから設置作業をして、明日~明後日くらいから遊べる様になります、との事でした。












2015/03/17

「オトカドール」ようやく地元でプレイできる日が決まりました!!

ようやく、地元でオトカドールの入荷日が確定したお店を見つけました
遅くとも今週末くらいにはオトカドールのプレイレポートが掲載できると思いますので、
もうしばらくお待ちくださいね~。
(隣の県まで行けば、既に入荷してるお店もあるんですけど・・・行くのだるい



あと、神奈川県内の設置店についても、地元の方から凄まじいツッコミが来てます(笑)
現状、畑のど真ん中のゲーセンとか、ヤングアダルト向けの店ばっかに入っているので、
普通の家族連れが入れるお店に優先的に入れて欲しいと・・・。

********************
関東ですら地方都市にしかないとは・・・
ドラマ港北は住所的には横浜ですが、周辺畑ばかりの辺鄙な場所でそばにららぽーとや
ICあることもあって、全く子供向けの店ではありません。これじゃあお子さんは遊べませんて…
本稼動と同時に大型バージョンアップが来るのでしょうか?春分の日あたりまでには
なんとしても稼動させるとは思いますが…

宝島もレジャーランド、ドラマもファミリー向けじゃない上ゲーム機の数が少なく
それもラインナップが明らかに偏ってる(普通のメダルゲームがさっぱりおいてなくて、
プレイヤー見たことないラブプラス6台ドーン!という感じ)なんで、
正直店長の趣味や大友のために入れたとしか思えないという(笑)
********************


とりあえず、入荷は筐体をコナミから直接買い取るロケーションが最優先で、
SCや家電量販店にはタカラトミーの子会社のペニイがリースで設置していく形になると思いますので、
そういう所への設置は、かなり後回しになりそうな気がします・・・。
2015/03/16

「お義父さん」こと内田明理プロデューサーがコナミデジタルエンタテインメントを退職

「ラブプラス」と「ときメモGS」の生みの親で、「お義父さん」の愛称で親しまれていた、
コナミデジタルエンタテインメントの内田明理プロデューサーが15日付けで退職されました。
去年の今頃は「悪魔城ドラキュラ」の五十嵐孝司プロデューサーも退社してるし、
コナミの看板クリエイターがどんどんいなくなっていく・・・






私は小島秀夫氏はあんま好きじゃないし(苦笑)、あと応援できるのはホント、
オレカとオトカ作ってる御子柴英利さんのチームくらいのもんですよ・・・。

これだけ次から次へと人が辞めていく状況を見てると、
コナミの社内にいても資金繰りやら企画を通すのやら大変そうだけど、
何とか頑張ってやって行ってもらいたいですね・・・。
2015/03/16

「オトカドール」入荷店舗情報(その2)

名古屋市中区錦のコスタ・デル・ソルというゲームセンターにも入荷した模様です。
オレカバトルトーナメントの開催で有名な、ザ・サードプラネットの系列店は明日以降入荷の模様です。
また、ユーズランド水戸内原店は、噂のドラコレ改造キットでオトカドールを導入する模様です。






2015/03/15

「オトカドール」キラカードを好きな時に好きな色でプリント可能♪

近所にまだなくて自分で遊べないので、「アリエスの小部屋」さんのツイートを借りて来ました(笑)


金とか赤とか、キラカードを色まで好きな様に指定できるみたいです。
100円追加投入するだけでいつでも好きな時にキラカードをプリントできるとか、
「データカードダス アイカツ!」の立場、完全になくなりましたね(爆)
おこづかい少ない子は、みんな「オトカドール」に流れそうな気がして来た・・・。
だって、こっちのゲームならお店に遊びに行く度に毎回キラカード持って帰れるでしょ?

キラカード出すために、配列表片手に連コorハイエナしまくるアイカツ!って一体・・・
(青ざめたちびまる子ちゃん調・苦笑)
しかもダブったカードの買取も安すぎて話にならないし。